イベント&
エッセイ

2017年度

左近教授が学術雑誌MetalsのGuest Editor (編集委員長)に選ばれました。

左近教授が、MDPI社の学術雑誌 Metals (Impact Factor 1.574)の特集号"Shape Memory Alloys 2017"のGuest Editor (編集委員長)に選ばれました。

ページトップへ

田原准教授が分担執筆した教科書が出版されました。

田原准教授が分担執筆した教科書「整形外科医のための骨のバイオメカニクス解析」が2017年3月に出版されました。


 稲葉 裕、東藤 貢 (編)「整形外科医のための骨のバイオメカニクス解析」 メジカルビュー社

田原准教授は、「第2章 骨解析のための応用」の「骨リモデリングをいかに表現するか」の部分を分担執筆しました。


ページトップへ

第46回日本脊椎脊髄病学会のパネルディスカッション「医工連携による脊椎バイオメカニクス研究の現状と課題」にて、田原准教授がパネラーとして講演発表

賞状写真

2017年4月13日(木)〜4月15日(日)にロイトン札幌・ さっぽろ芸文館にて開催された第46回日本脊椎脊髄病学会のパネルディスカッション:「医工連携による脊椎バイオメカニクス研究の現状と課題」において、田原准教授が講演を行い、パネルディスカッションのパネラーを務めました。


整形外科の脊椎分野において、手術法の妥当性の検証や骨の固定デバイスの開発を目的として、機械工学で広く用いられる有限要素法を用いた研究が行われ、現場に普及してきています。


田原准教授は「脊椎固定のバイオメカニクス研究における工学的アプローチの現状」という題目で、研究室で開発中のモデルや技術紹介、結果の有用性と将来的な課題について講演しました。 パネルディスカッションでは、田原研究室と金沢大学整形外科グループの共同研究が脊椎分野における医工連携事例として紹介され、現状の課題や医工連携の在り方等、活発な討論がなされました。


日本脊椎脊髄病学会から田原准教授に感謝状が贈られました。

ページトップへ

前年度(2016年度)のページへ