イベント&
エッセイ

2019年度

塩見 洋一 教授が 本願寺山口別院(浄土真宗本願寺派/山口県山口市)で開催された「りゅうこく科楽 (かがく) 教室」の講師を務めました。

2019.7.11

2019年6月17日、本願寺山口別院(浄土真宗本願寺派/山口県山口市)におきまして、「りゅうこく科楽 (かがく) 教室」が開催され、塩見 洋一 教授 が講師を務めました。

本教室は、僧侶や門信徒の皆さんら、日頃より子ども達を指導する方々を対象に、山口教区少年連盟の指導者研修会として実施されたものです。

参加者の年齢層は幅広く、「工作はほんとうに久しぶり!」と仰る年配の方も含めまして、各々、身近な材料を用いた「カサ袋ロケットの工作」を大いに楽しまれました!

他にも「真空チャンバーを使った真空の演示実験」や「大気の力を知って貰う演示実験」などが行われ、「身のまわりの不思議」を考える機会になったものと期待しております。

なお、その様子は、以下の通り 2019年7月1日(月) 発行の本願寺新報に掲載されました。

また、この度の教室は、塩見教授と親和会(龍谷大学保護者会)理事とのご縁で開催の運びとなりました。

ページトップへ

前年度(2018年度)のページへ