論文
■In silico analysis of the biomechanical stability of commercially pure Ti and Ti-15Mo plates for the treatment of mandibular angle fractureS. Yamaguchi, A.B. Rodolfo, F. PS. Guastaldi, N. Tovar, D. Tawara, S. Imazato, P. G. Coelho,(2017), Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol. 75, No. 5, 1004.e1-1004.e9.
■Predicting changes in mechanical properties of trabecular bone by adaptive remodelingD. Tawara, K. Nagura(2017), Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering, Vol. 20, No. 4, 415-425, DOI: 10.1080/10255842.2016.1238077.
■Stochastic multi-scale finite element analysis of the drilling force of trabecular bone during oral implant surgeryD. Tawara, N. Takano, H. Kinoshita, S. Matsunaga, S. Abe(2016), International Journal of Applied Mechanics,Vo. 8, 1650075, DOI: 10.1142/S1758825116500757.
■Probabilistic Analysis of Mechanical Behaviour of Mandibular Trabecular Bone Using a Calibrated Stochastic Homogenization ModelD. Tawara, M. Nagahata, N. Takano, H. Kinoshita, S. Abe(2015), Acta Mechanica, Vol. 226, No. 10, pp. 3275-3287, DOI: 10.1007/s00707-015-1381-8.
■変形性股関節症の歩行における股関節周囲筋力の個体別推定田原大輔, 澤弘樹, 辻上哲也, 百瀬たか子,池裕之,稲葉裕(2015), 日本臨床バイオメカニクス, 第36巻, pp. 285-292.
■Nonlinear Mechanical Analysis of Posterior Spinal Instrumentation for Osteoporotic Vertebra: Effects of Mechanical Properties of the Rod on the Failure Risks around the ScrewD. Tawara, K. Noro, T. Tsujikami, Y. Okamoto, H. Murakami(2014), Journal of Biomechanical Science and Engineering, 13-00163.
■骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方固定術の応力解析 ‐ロッドの力学的特性とスクリューの緩みとの関連‐田原大輔, 野呂健太, 辻上哲也,岡本義之,村上英樹(2013), 日本臨床バイオメカニクス, 第34巻, pp. 53-61.
■患者別CT-有限要素法解析による投薬中骨粗鬆症椎体の力学的評価田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹,川原範夫(2011), 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第32巻, pp. 113-119.
■Patient-specific finite element analyses detect significant mechanical therapeutic effects on osteoporotic vertebrae during a three-year treatmentD. Tawara, J. Sakamoto, H. Murakami, N. Kawahara and K. Tomita(2011), Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 6, Vol. 4, pp. 248-261.
■Mechanical therapeutic effects in osteoporotic L1-vertebrae evaluated by nonlinear patient-specific finite element analysisD. Tawara, J. Sakamoto, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2010), Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 5, No. 5, pp. 499-514.
■マルチスケール応力解析によるヒト椎体海綿骨の力学的評価田原大輔, 高野直樹, 安達泰治, 中野貴由(2010), 日本骨形態計測学会雑誌, Vol. 20, No. 1, pp. S100-S107.
■Mechanical evaluation by patient-specific finite element analyses demonstrates therapeutic effects for osteoporotic vertebraeD. Tawara, J. Sakamoto, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2010), Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, Vol. 3, No. 1, pp. 31-40.
■骨質を考慮した椎体海綿骨の高分解能ミクロ応力解析田原大輔, 安達泰治, 高野直樹, 中野貴由(2008), 日本臨床バイオメカニクス学会誌, 第29巻, pp. 7-14.
■骨粗鬆症性椎体における薬物療法の力学的効果村上英樹, 川原範夫, 坂本二郎, 桜井佑輔, 田原大輔, 尾田十八, 富田勝郎(2008), Osteoporosis Japan, 第16巻, 第2号, pp. 287-292.
■ ビスフォスフォネート3年内服による骨粗鬆症性脊椎の骨強度改善 ―有限要素解析による検討―村上英樹, 川原範夫, 桜井佑輔, 坂本二郎, 田原大輔, 尾田十八, 富田勝郎(2008), Osteoporosis Japan, 第16巻, 第1号, pp. 37-39.
■Finite-element analysis on closing-opening correction osteotomy for angular kyphosis of osteoporotic vertebral fracturesT. Hato, N. Kawahara, K. Tomita, H. Murakami, T. Akamaru, D. Tawara, J. Sakamoto, J. Oda, S. Tanaka(2007), Journal of Orthopaedic Science, Vol. 12, No. 4, pp. 354-360.
■ ビスフォスフォネートが骨粗鬆症性脊椎の骨強度に及ぼす効果村上英樹, 川原範夫, 桜井佑輔, 坂本二郎, 田原大輔, 富田勝郎(2007), Osteoporosis Japan, 第15巻, 第2号, pp. 223-225.
■ビスホスホネートが骨質・骨強度に及ぼす効果村上英樹, 川原範夫, 坂本二郎, 田原大輔, 富田勝郎(2006), 日本臨床, 第64巻, 第9号, pp. 1651-1656.
■骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の発生機序 -有限要素解析による生体力学的検討-村上英樹, 粟森世里奈, 川原範夫, 坂本二郎, 田原大輔, 富田勝郎, 尾田十八(2006), Osteoporosis Japan, 第14巻, 第2号, pp. 367-373.
■骨粗鬆性脊椎に対するビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3併用療法の力学的効果村上英樹, 川原範夫, 坂本二郎, 田原大輔, 粟森世里奈, 富田勝郎, 尾田十八(2006), Osteoporosis Japan, 第14巻, 第2号, pp. 241-244.
■患者別有限要素解析による骨粗鬆症脊椎の骨折リスク評価に関する検討田原大輔, 坂本二郎, 金澤秀泰, 関本敦史, 粟森世里奈, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2006), 日本機械学会論文集A編, 第72巻, 第714号, pp. 255-262.
■ビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3の併用療法が骨粗鬆性脊椎に及ぼす力学的効果-第1報-村上英樹, 川原範夫, 坂本二郎, 田原大輔, 粟森世里奈, 富田勝郎, 尾田十八(2005), Osteoporosis Japan, 第13巻, 第4号, pp. 931-935.
■Finite element analysis considering material inhomogeneousness of bone using “ADVENTURE system”D. Tawara, J. Sakamoto, J. Oda(2005), JSME International Journal, Series C, Vol. 48, No. 2, pp. 292-298.
■計算力学システムADVENTUREによる生体骨の非均質性を考慮した有限要素解析田原大輔, 坂本二郎, 尾田十八(2004), 日本機械学会論文集A編, 第70巻, 第697号, pp. 1163-1169.


著書
■整形外科医のための骨のバイオメカニクス解析稲葉裕, 東藤貢(編), (第2章 骨解析のための応用「骨リモデリングをいかに表現するか」: 執筆)メジカルビュー社.
■骨粗鬆症性椎体骨折の診断・治療に役立つバイオメカニクスと臨床応用村上英樹, 田原大輔, 粟森世里奈, 岡本義之, 藤井衛之, 土屋弘行(2014), 整形外科最小侵襲手術ジャーナル, No. 73, pp. 9-17.
■患者別非線形有限要素解析による骨粗鬆症椎体の投薬治療効果に関する力学的評価 -イメージベースモデリングに基づく骨強度の経時的解析-田原大輔(2014), バイオマテリアル研究の最前線, 日本金属学会, pp. 233-234.
■脊椎骨折のバイオメカニクス坂本二郎, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫, 富田勝郎(2009), 臨床画像(メジカルビュー社), 第25巻, 第8号, pp. 848-855.
■骨粗鬆症の患者別骨折解析とその応用について坂本二郎, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫,尾田十八, 富田勝郎(2006), 運動療法と物理療法(日本理学診療医学会), 第17巻, 第4号, pp. 303-310.


特許
■骨折リスク評価のためのコンピュータの作動システム (特許5829921号)発明者: 田原大輔,堀川武(登録: 2015.10.30), 特許出願人: 学校法人 龍谷大学


基調講演・特別講演
■医療機器開発に活用するシミュレーション技術について田原大輔(2017), みえ医療機器オープンセミナー.
■Effects of the Mechanical Properties of the Rod on the Failure Risks and Bone Remodeling around the Screw in Spinal InstrumentationD. Tawara, T. Tsujikami, H. Murakami(2017), 5th Switterland-Japan Workshop on Biomehcniacs (SJB2017), pp.18.
■脊椎固定のバイオメカニクス研究における工学的アプローチの現状田原大輔, 原朋広,藤井衛之,出村諭, 辻上哲也,村上英樹(2017), 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2-1-PD-4.
■医用分野のユニークなものづくりへの研究アプローチ -模擬骨材料・サポート下着を例に-田原大輔(2016), ものづくり・商業・サービス革新 「滋賀県」成果事例発表会.
■患者別歩行解析と筋力推定に向けた筋骨格シミュレーション田原大輔, 稲葉裕(2016), 第43回日本臨床バイオメカニクス学会, S6-4.
■脊椎固定術におけるスクリューの緩み抑制に向けた実験・計算バイオメカニクス田原大輔, 藤井衛之, 辻上哲也, 村上英樹(2016), 第43回日本臨床バイオメカニクス学会, S5-4.
■非線形荷重増分有限要素解析による脊椎固定術のスクリューの緩み評価 -ロッドの力学的特性と緩みの関連-田原大輔, 藤井衛之, 辻上哲也, 村上英樹(2016), 第89回日本整形外科学会学術総会
■骨の形態・荷重支持機能の変化の予測に基づく骨粗鬆症の骨折リスク評価田原大輔(2016), 科学技術振興機構新技術説明会
■外科手術トレーニング用新規模擬骨材料の力学特性評価田原大輔(2015), 龍谷大学2015年度第2回BIZ-NET研究会
■実骨に近いドリリング特性を持つ外科手術教育用新規模擬骨材料の開発田原大輔(2015), メディカルジャパン2015.
■骨密度とともに意識したい骨強度 -骨粗鬆症診断の新展開―骨が伝える「構造」と「機能的適応」の相互関係 -マルチスケール計算バイオメカニクスからのアプローチ-田原大輔(2013), 滋賀県知の連携プロジェクト.
■骨が伝える「構造」と「機能的適応」の相互関係 -マルチスケール計算バイオメカニクスからのアプローチ-田原大輔(2013), 東京大学医学部基礎統合講義・基礎臨床社会医学統合講義.
■医工学を拓く計算バイオメカニクス -骨のかたちの機能的適応メカニズムの理解-田原大輔(2012), 龍谷大学第23回新春技術講演会.
■骨の構造力学と機能的適応メカニズムの理解田原大輔(2011), 日本材料学会 第56回強度設計・安全性評価部門委員会.
■計算バイオメカニクスによる骨梁骨の形態変化と力学的特性変化の評価 -リモデリングから見た骨脆弱性とは-田原大輔, 安達泰治(2011), 第29回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, pp. 147.
■医療画像に基づく骨のイメージベース力学解析とその応用田原大輔(2009), バイオメックフォーラム21 第54回研究会
■非均質な材料特性を考慮した生体骨の患者別イメージベース力学解析田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2008), 日本材料学会 JCOM-37講演論文集 -材料・構造の複合化と機能化に関するシンポジウム-, pp. 14-18.


解説・総説
■バイオメカニクス分野における不確かさを考慮したマルチスケールシミュレーション田原大輔, 高野直樹(2017), 計算工学, Vol. 22, No.1, 20-23.
■イメージベース力学解析による脊椎固定術用スクリューの緩み抑制を目指した固定ロッドの設計指針の検討田原大輔, 辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2014), 日本設計工学会誌, 第49巻, 第3号, pp. 120-127.
■バイオメカニクス研究とバイオニックデザイン田原大輔(2009), 龍谷大学理工学ジャーナル, 第21巻, 第2号, pp. 23-32.
■Mechanical Finder -イメージベースの骨強度評価ソフトウェア坂本二郎, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫, 加畑多文, 尾田十八, 富田勝郎(2009), バイオメカニズム学会誌, 第33巻, 第4号, pp. 277-283.
■生体硬組織の高分解能イメージベース・シミュレーション高野直樹, 中野貴由, 馬越佑吉, 安達泰治, 田原大輔(2007), 日本金属学会会報 まてりあ, 第46巻, 第7号, pp.456-459.


国際会議
■Investigation of appropriate pressure distribution of supportive underwear for pelvic floor relaxation based on a sagging bladder modelD. Tawara, M. Kumamoto, S. Ninomiya, H. Okayama, K. Naito, S. Morikawa(2018), The 8th World Congress of Biomechanics, P4338.
■Subject-specific musculoskeletal; simulation of osteoarthritis to estimate muscle forces around the hip during abnormal gaitD. Tawara, H. Sawa, T. Momose, M. Oba, Y. Inaba(2017), WWVI Congress of the International Society of Biomechanics (ISB2017), P384.
■Simulation of remodeling and pulling test around an inserted screw in spinal fusion to assess its looseningD. Tawara, A. Kawashima, T. Tsujikami, H. Murakami(2017), 23th Congress of the European Society of Biomechanics (ESB2017), OS9-2.
■Exploration of design guidelines of supportive underwear to improve pelvic floor relaxation using a FE model of the buttocksD. Tawara, T. Nishiki, S. Ninomiya, H. Okayama, K. Naito, K. Nakanishi, S. Morikawa, J. Sakamoto(2016), The 16th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME 2016), C7-1.
■Multiscale analysis for assessment of potential change in mechanical properties of osteoporotic bone by remodelingD. Tawara, A. Kawashima, T. Tsujikami(2016), The 12th World Congress of Computational Mechanics, MA305A-2.
■Remodeling simulation in cancellous bone around inserted screw in posterior spinal instrumentationD. Tawara, A. Kawashima, T. Tsujikami(2016), 22th Congress of the European Society of Biomechanics (ESB2016), OS72-3.
■Musculoskeletal simulation for design of supportive underwear for pelvic floor disorderT. Nishiki, D. Tawara, T. Tsujikami, S. Ninomiya, H. Okayama, S. Morikawa, J. Sakamoto(2015), 8th Asian Pacific Conference on Biomechanics, PS4-2.
■Verification of similarity of drilling properties between developed new artificial bone model and real boneD. Tawara, T. Tsujikami, Y. Okano(2015), 8th Asian Pacific Conference on Biomechanics, GS2-11.
■Validation of lower risks of the loosening of the screws in spinal fusion with the flexible rodD. Tawara, T. Tsujikami, H. Murakami(2015), 21th Congress of the European Society of Biomechanics (ESB2015),p-257.
■Remodeling simulation for prediction of morphological change in bone cyst in cancellous bone of osteoarthritis of the hipD. Tawara, H. Kogita, K. Nagura, T. Tsujikami, H. Ike, Y. Inaba(2014), 11th. World Congress on Computational Mechanics.
■Effects of mechanical properties of the rod on the failure risks around the screw in posterior spinal instrumentation for osteoporotic vertebra -a FEM study-D. Tawara, K. Noro, T. Tsujikami, Y. Okamoto, H. Murakami(2014), The 7th World Congress of Biomechanics.
■Development of oral implant surgery simulator as an educational tool considering inter-individual difference by stochastic multiscale FEM AnalysisK. Yokota, M. Nagahata, T. Ueno, N. Takano, D. Tawara, H. Kinoshita(2014), Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, pp. 370-373.
■Estimation of effect of installation position of hip prosthesis on muscle forces around the hip based on musculoskeletal simulationD. Tawara, K. Nishikawa, T. Tsujikami, H. Ike, Y. Inaba(2014), Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, pp. 368-369.
■Modeling of uncertain distribution of porous foam of original bone model for orthopaedic simulator to predict its mechanical propertiesD. Tawara, Y. Umemura, T. Bamba, T. Tsujikami, Y. Okano(2013), The 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics & 4th International Symposium on Computational Mechanics, 1127.
■Estimation of Changes in Mechanical Bone Quality by Multi-scale Analysis with Remodeling SimulationD. Tawara, K. Nagura, T. Tsujikami, T. Adachi(2013), The 15th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME 2013), IFMBE Proceedings 43, pp. 48-51.
■Change in mechanical properties of the rod reduces the loosening risk of the screw in spinal fusionD. Tawara, K. Noro, T. Tsujikami, Y. Okamoto, H. Murakami(2013), The fifth international conference on computational bioengineering.
■Quantification of mechanical behaviors of new artificial bone model to evaluate its drilling propertyD. Tawara, T. Bamba, Y. Umemura, T. Tsujikami, Y. Okano(2013), The 7th Asian Pacific Conference on Biomechanics.
■Bone quality evaluation based on bone remodeling and multi-scale simulationD. Tawara, K. Nagura, T. Tsujikami, T. Adachi(2012), KSME-JSME Joint Symposium on Computational Mechanics & CAE 2012, No. 12-1, pp. 205-209.
■Remodeling Simulation Estimates Changes in Mechanical Properties of Osteoporotic BonesD. Tawara, K. Nagura, T. Tsujikami, T. Adachi(2012), 18th Congress of the European Society of Biomechanics (ESB2012), Journal of Biomechanics, Vol. 45, Supplement 1, S530.
■Change in Bone Strength of Osteoporotic Vertebra during Drug Treatment - a FEM study -D. Tawara, J. Sakamoro, H. Murakami, N. Kawahara(2011), International Conference on Materials and Reliability 2011, A305.
■Estimation of changes in mechanical properties of trabecular bone by adaptive remodelingD. Tawara, K. Nagura, T. Horikawa, T. Adachi(2011), The 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM11+), pp. 1433-1440.
■Prediction of change in bone strength of osteoporotic vertebra during 3-year drug treatment based on numerical bone fracture analysisD. Tawara, J. Sakamoro, H. Murakami, N. Kawahara(2010), Proc. 5th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics, pp. 117.
■Substrate deformation induces change in crawling direction of fish keratocyteD. Tawara, T. Adachi(2008), Proc. 13th International Congress of Biorheology and 6th International Conference on Clinical Hemorheology, Vol. 45, No. 1,2, pp. 105-106.
■Controlled focal adhesion on micropatterned substrate affect formation of actin stress fibers in osteoblastic cellsD. Tawara, T. Adachi(2007), Proc. of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics, pp. S166
■A study about mechanical influence of spinal shortening on titanium mesh cage using in the total en bloc spondylectomyJ. Sakamoto, D. Tawara, C. Uesaka, H. Kato, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2006), Proc. XVth International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, pp.520-523.
■Bone fracture analysis of osteoporosis vertebra to evaluate therapeutic effect by patient-specific finite-element methodD. Tawara, J. Sakamoto, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2006), 5th World Congress of Biomechanics, Vol. 39, Supplement, 1, pp. S474.
■Patient-specific finite element analysis of osteoporosis vertebra and its clinical applicationD. Tawara, J. Sakamoto, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2006), Proc. Second B-J-K Symposium on Biomechanics, pp. 76-79.
■Mechanical analysis of lumber vertebra with spinal fusion used by musculoskeletal simulationD. Tawara, J. Sakamoto, S. Kimura, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2005), Proc. CD The 12th International Conference on Biomedical Engineering, 3B5-08.
■Patient-specific finite element analysis of osteoporosis vertebra and its application for therapeutic effect evaluationD. Tawara, J. Sakamoto, A. Sekimoto, S. Awamori, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2005), Proc. CD The 12th International Conference on Biomedical Engineering, 2A5-11.
■Patient-specific dynamic stress analysis of osteoporosis vertebraeD. Tawara, J. Sakamoto, S. Awamori, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2005), Proc. CD XXth Congress of the International Society of Biomechanics and 29th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics, pp. 181.
■Mechanical evaluation of therapeutic effect for osteoporosis vertebra by using patient-specific finite element analysisD. Tawara, J. Sakamoto, A. Sekimoto, S. Awamori, H. Murakami, N. Kawahara, J. Oda, K. Tomita(2005), Proc. CD XXth Congress of the International Society of Biomechanics and 29th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics, pp. 180.
■Musculoskeletal analysis of spine and its application for spinal fixation by instrumentsJ. Sakamoto, D. Tawara, S. Kimura(2005), Proc. International Symposium on Computer Simulation in Biomechanics, pp. 19-20.
■Force and moment determination of lumber vertebrae by optimization technique in musculoskeletal simulation of bodyD. Tawara, S. Kimura, J. Sakamoto(2004), Proc. The Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM3), pp. 371-376
■Compressive strength evaluation of osteoporosis vertebra by finite-element analysis based on patient-specific modelsJ. Sakamoto, Y. Kanazawa, D. Tawara, J. Oda, S. Awamori, H. Murakami, N. Kawahara, K. Tomita(2004), Proc. CD American Society of Biomechanics Annual Meeting 2004, #219.
■Large-scale finite element analysis based on CT images considering inhomogeneousness of boneJ. Sakamoto, D. Tawara, J. Oda(2003), Proc. CD of 2003 Summer Bioengineering Conference, #49
■Large-scale analysis of finite element method considering inhomogeneousness of boneD. Tawara, J. Sakamoto, J. Oda(2002), Proc. CD The 11th International Conference on Biomedical Engineering.


国内会議
■口腔インプラント手術シミュレーターにおける力覚学習の評価 -歯科学知識の有無と継続的な使用が学習に与える影響-林洸弥, 田原大輔, 高野直樹, 本間慎也, 松永智, 矢島安朝(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 312.
■ミクロ構造の異なる外科手術教育用模擬骨材料のドリリング特性解析田原大輔, 豊野将位, 辻上哲也, 岡野仁夫(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 266.
■脊椎固定術の緩みリスク評価のための微小変位・回転を許容する可動式ロッドのモデリング辰己琢郎, 田原大輔, 辻上哲也, 藤井衛之, 出村愉, 村上英樹(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 263.
■骨再構築則を用いた低解像度CT-based骨密度に対応する実骨海綿骨の構造予測内賀嶋勇紀, 田原大輔, 辻上哲也(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 234.
■緩み抑制を狙った脊椎固定術ロッドの力学特性評価のための実験手法の確立松本悠希, 田原大輔, 辻上哲也, 藤井衛之, 出村諭, 村上英樹(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 71.
■T1-S2多椎体有限要素モデルの大規模解析に基づく脊椎固定術の緩み評価原朋広, 田原大輔, 辻上哲也, 出村諭, 村上英樹(2017), 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会, pp. 68.
■膀胱下垂モデルを用いた骨盤底弛緩に対するサポート下着の効果的な着圧分布の探索熊本真大, 田原大輔, 二宮早苗, 岡山久代, 内藤紀代子, 森川茂廣(2017), 日本機械学会第28回バイオフロンティア講演会, 2C14.
■多椎体有限要素モデルを用いた脊椎固定術のスクリュー挿入本数と緩みリスクの関係の評価原朋広, 田原大輔, 辻上哲也, 出村諭, 村上英樹(2017), 日本機械学会第28回バイオフロンティア講演会, 1C13.
■微小変位を許容する脊椎固定術の緩み抑制効果の実験的評価松本悠希, 田原大輔, 辻上哲也, 藤井衛之, 出村諭, 村上英樹(2017), 日本機械学会第28回バイオフロンティア講演会, 1C12.
■骨盤底サポート下着開発のための臀部軟組織のやわらかさ評価田原大輔, 西木友浩, 熊本真大, 二宮早苗, 岡山久代, 内藤紀代子, 森川茂廣(2017), 第5回看護理工学会, pp. 42.
■三次元画像相関法を併用した圧縮-曲げ試験法による材料特性評価に関する基礎的研究堀内大輝, 辻上哲也, 田原大輔(2017), 第15回強度設計,安全性評価シンポジウム.
■マクロな骨密度に対応したミクロな骨梁形態の予測のための骨リモデリングシミュレーション内賀嶋勇紀, 田原大輔, 辻上哲也(2017), 日本機械学会2017年度年次大会, J210214.
■リモデリングによる海綿骨の力学的特性変化と脊椎固定スクリューの緩みの関係川嶋輝, 田原大輔, 辻上哲也, 村上英樹(2017), 日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会, 1F22.
■走行中の自転車ペダル に発生するひずみの測定と疲労寿命の予測岡田太郎, 田原大輔, 相見朋輝, 堀川武(2016), 日本材料学会第33回疲労シンポジウム, pp. 104-106.
■Dynamic stabilization型ロッドを用いた脊椎固定術のスクリュー周囲の骨リモデリングシミュレーション川嶋輝, 田原大輔, 辻上哲也, 村上英樹(2016), 日本機械学会第27回バイオフロンティア講演会, 45-46.
■骨盤底弛緩サポート下着の最適な着圧分布のアナリシス田原大輔, 西木友浩, 熊本真大, 二宮早苗, 岡山久代, 内藤紀代子, 中西京子, 森川茂廣, 坂本二郎(2016), 第4回看護理工学会, P4-7.
■変形性股関節症患者の筋断面積と歩行動作を反映した個体別筋骨格シミュレーション澤弘樹, 田原大輔, 百瀬たか子, 大庭真俊, 稲葉裕(2016), 日本機械学会2016年度年次大会, J0220106.
■口腔インプラント手術における個体差・ドリル埋入角度を考慮した下顎骨のドリリング荷重解析林洸弥, 田原大輔, 高野直樹, 木下英明(2016), 第21回計算工学講演会, F-9-2.
■臀部有限要素モデルを用いた骨盤底弛緩改善下着の設計指針の探索西木友浩, 田原大輔,辻上哲也,二宮早苗, 岡山久代, 内藤紀代子, 中西京子, 森川茂廣(2016), 日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会, 1F14.
■脊椎固定術のスクリュー周囲における海綿骨のリモデリングによる形態変化川嶋輝, 田原大輔,辻上哲也(2016), 日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会, 2H12.
■Dynamic stabilization型脊椎固定ロッドにおけるスクリューの緩み抑制効果の実験的評価田原大輔,辻上哲也,松本悠希,藤井衛之,村上英樹(2015), 第42回日本臨床バイオメカニクス学会, pp.122.
■筋骨格シミュレーションによる下着のサポート力と膀胱頸部の挙上量の力学的関係の評価田原大輔, 西木友浩, 辻上哲也, 二宮早苗, 岡山久代, 内藤紀代子, 森川茂廣, 坂本二郎(2015), 第3回看護理工学会学術集会, O5-07, pp.46.
■サポート下着による骨盤底弛緩改善メカニズムの解明のための臀部有限要素モデルの開発西木友浩, 田原大輔, 辻上哲也, 二宮早苗, 岡山久代, 森川茂廣, 坂本二郎(2015), 日本機械学会第26回バイオフロンティア講演会, pp.137-138.
■高密着性DLC被膜処理を施した切欠きを有するSUS316材の疲労強度評価長井佑樹, 森正和, 田原大輔(2015), 日本機械学会 2015年度年次大会, G0300903.
■リモデングに伴う変形性股関節症骨嚢胞の壁厚さの変化と骨嚢胞成長の関連小北拓侑,田原大輔,辻上哲也,池裕之,稲葉裕(2015), 日本機械学会 2015年度年次大会, J0210203.
■変形性股関節症の歩行における股関節周囲筋力の個体別推定澤弘樹, 田原大輔,辻上哲也, 百瀬たか子, 池裕之,稲葉裕(2015), 第20回計算工学講演会,C-3-4.
■Study on drilling force influenced by mandibular trabecular microarchitecture in oral implant surgeryMA Atiq Bin Kamisan, M. Nagahata, N. Takano, D. Tawara, S. Abe(2015), 第20回計算工学講演会, C-3-2.
■骨粗鬆症性椎体骨折に対しDynamic Stabilizationを併用した固定における力学的検討藤井衛之, 村上英樹, 出村諭, 加藤仁志, 吉岡克人, 五十嵐峻, 米澤則隆, 土屋弘行, 岡本義之, 田原 大輔, 吉岡慎太郎, 森田和樹(2015), 第88回日本整形外科学会学術総会, pp. S231.
■骨粗鬆症性椎体骨折に対しdynamic stabilizationを併用した固定における3次元有限要素解析藤井衛之, 村上英樹, 出村諭, 加藤仁志, 吉岡克人, 杉田守礼, 近藤章, 五十嵐峻, 米澤則隆, 高橋直樹, 土屋弘行, 岡本義之, 田原大輔, 吉岡慎太郎, 森田和樹(2015), 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会, 2-8-F62-6.
■ペプチド修飾セルロース性細胞外マトリックスの開発富崎欣也, 石田智裕, 田原大輔(2015), 第95回日本化学会春季年会, 2PB-067.
■木材の構造と伝熱特性の関係増田貴行, 野口佳樹, 塩見洋一, 田原大輔(2015), 日本機械学会 関西支部第90期定時総会講演会, pp.370.
■切欠きを有するSUS316材の疲労強度に及ぼすDLC被膜処理の影響長井佑樹, 森正和, 田原大輔(2015), 日本機械学会 関西支部第90期定時総会講演会, pp.474.
■口腔インプラント手術シミュレーター開発のための個体差を考慮した下顎骨のドリリング特性評価田原大輔,高野直樹, 木下英明(2015), 日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会,pp.267-268.
■変形性股関節症の歩行における股関節周囲筋力の個体別推定田原大輔, 西川勝成, 辻上哲也, 百瀬たか子, 池裕之, 稲葉裕(2014), 第41回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,pp.168.
■口腔インプラント手術におけるドリリング荷重の確率的マルチスケール有限要素解析長畠真広, 高野直樹, 田原大輔, 木下英明(2014), 日本機械学会第25回バイオフロンティア講演会, pp.1-2.
■骨盤底疾患用サポート下着の設計指針確立のための筋骨格シミュレーション西木友浩, 田原大輔, 二宮早苗, 岡山久代, 森川茂廣, 坂本二郎(2014), 日本機械学会第25回バイオフロンティア講演会, pp.131-132.
■骨粗鬆症性椎体骨折に対するsemi-rigid rodを用いた固定の応力解析-CTベース有限要素解析による評価藤井衛之, 村上英樹, 岡本義之, 土屋弘行, 田原大輔, 野呂健太(2014), 第29回日本整形外科学会基礎学術集会, pp. S1742.
■変形性股関節症における骨嚢胞成長メカニズムの考察 ‐骨嚢胞の成長と周囲の骨再構築現象‐小北 拓侑,田原大輔,辻上哲也,池裕之,稲葉裕(2014), 日本機械学会 2014年度年次大会, J0240101.
■骨粗鬆症性椎体骨折に対するsemi-rigid rodを用いた後方固定-CT有限要素モデルによる応力解析 藤井衛之, 村上英樹, 岡本義之, 土屋弘行, 田原大輔, 野呂健太(2014), 第23回日本脊椎インストゥルメンテーション学会, pp. 163.
■画像相関法を用いた曲げ-圧縮荷重を受ける織物複合材料のひずみ測定辻上哲也, 船引佑一, 田原大輔, 高橋順(2014), 日本実験力学会2014年度年次講演会.
■画像相関法によるフィルムシートのひずみ測定赤田健太, 辻上哲也, 田原大輔, 的場伸啓(2014), 日本実験力学会2014年度年次講演会.
■骨リモデリングの力学刺激量と骨梁形態変化の関連の考察田原大輔,名倉健,辻上哲也(2014), 第19回計算工学講演会,D-1-3.
■画像相関法を用いた曲げ-圧縮荷重を受ける織物複合材料の力学的挙動評価船引佑一, 辻上哲也, 田原大輔, 高橋順(2014), 日本材料学会/日本複合材料学会第5回日本複合材料合同会議.
■新規多孔質模擬骨材料モデルの空孔分布と機械的特性の関連の解析(2014), 田原大輔, 梅村雄大, 福田雅之, 辻上哲也, 馬場健之, 岡野仁夫日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会,pp.111-112.
■整形外科用新規模擬骨材料の力学的特性評価 -ドリリング特性の定量化および,妥当性の検討-田原大輔, 馬場健之, 田中陽一郎, 辻上哲也, 岡野仁夫(2013), 第40回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,pp.75.
■骨粗鬆症脊椎に対する後方固定術の非線形骨折解析 -ロッドの剛性がスクリュー周囲骨の微小破壊に与える影響-野呂健太, 田原大輔, 辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2013), 日本機械学会第24回バイオフロンティア講演会,pp.163-164,pp.129-130.
■切欠きを有するSUS316材の疲労強度に及ぼすDLC被覆処理の影響櫻井睦大,森正和,田原大輔(2013), 日本設計工学会 2013年秋季研究発表講演会,pp.183-184.
.■変形性股関節症海綿骨の骨再構築に伴う骨嚢胞成長名倉健,中島涼太,田原大輔,辻上哲也,池裕之,稲葉裕(2013), 日本機械学会 2013年度年次大会, J021012.
■開繊織物複合材料の繊維束形態が力学的挙動に及ぼす影響船引佑一,辻上哲也,田原大輔(2013), 日本繊維機械学会第66回年次大会.
■人工股関節の設置位置に対する周囲筋力推定のための筋骨格シミュレーション西川勝成,田原大輔,辻上哲也,池裕之,稲葉裕(2013), 第18回計算工学講演会,G-10-3.
■損傷を付加した人工股関節用PEEK-CFRP 材の疲労強度評価に関する研究日浦拓也,辻上哲也,田原大輔,堀川武(2013), 第13回機械構造物の強度・安全シンポジウム,pp.1-3.
■整形外科用新規多孔質模擬骨材料の空港含有率が力学的特性に与える影響馬場健之,田原大輔,辻上哲也,岡野仁夫(2013), 第25日本機械学会バイオエンジニアリング講演会論文集,pp.289-290.
■骨粗鬆症の骨梁形態変化の予測と荷重支持機能の変化のシミュレーション田原大輔,名倉健,辻上哲也,安達泰治(2012), 第39回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,pp.85
■応力解析に基づく脊椎固定術のスクリューの緩みとロッドの力学的特性との関連の評価野呂健太, 田原大輔, 辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2012), 第39回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集,pp.166.
■海綿骨の形態変化と異方性を考慮したマルチスケール力学解析名倉健,田原大輔,辻上哲也,安達泰治(2012), 日本機械学会第25回計算力学講演会,2409.
■脊椎固定術用スクリュー・ロッドの剛性変化に伴う椎体内応力分布の変化野呂健太, 田原大輔, 辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2012), 日本機械学会第23回バイオフロンティア講演会,163-164.
■圧縮ひずみ負荷後の運動方向変化の評価に基づく移動性細胞内の駆動機構の考察西川勝成,田原大輔,辻上哲也(2012), 日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス,OS1106.
■インクルージョン要素法による開繊織物複合材料の応力解析と全視野ひずみ測定辻上哲也,小澤隆一,船引佑一,田原大輔(2012), 日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス,OS0601.
■整形外科手術トレーニング用新規模擬骨材料の力学的特性評価馬場健之,田原大輔,辻上哲也,岡野仁夫(2012), 日本機械学会 2012年度年次大会,S022021.
■骨リモデリング・マルチスケールシミュレーションからの骨質評価へのアプローチ田原大輔,名倉健,辻上哲也,安達泰治(2012), 日本計算工学会第17回計算工学講演会,F-3-3.
■インクルージョン要素モデルを用いた織物複合材料の内部応力評価辻上哲也,小澤隆一,田原大輔(2012), 日本繊維機械学会第65回年次大会,pp.114-115.
■三次元画像相関法による開繊織物複合材料のひずみ測定辻上哲也,船引佑一,田原大輔(2012), 日本繊維機械学会第65回年次大会,pp.256-257.
■骨リモデリングを考慮した骨粗鬆骨の力学的評価指標の基礎的検討名倉健, 田原大輔, 辻上哲也, 安達泰治(2012), 日本機械学会関西学生会学生員卒業研究発表講演会, pp. 3-16.
■骨リモデリングシミュレーションに基づく骨粗鬆骨の骨梁形態変化と荷重支持機能の異方性の評価田原大輔, 名倉健,堀川武,安達泰治(2012), 日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 11-47, 7B43.
■低温窒化・浸炭処理したSUS316材の繰り返し加工硬化と疲労強度堀川武, 田原大輔(2011), 日本設計工学会平成23年度秋季研究発表講演会
■整形外科手術トレーニング用新規模擬骨材料開発のための力学的特性評価馬場健之, 辻上哲也, 田原大輔(2011), 日本機械学会関西支部 大学・高専研究発表会
■骨再構築シミュレーションに基づく骨粗鬆症骨の力学的特性評価田原大輔, 名倉健,堀川武,安達泰治(2011), 第31回日本骨形態計測学会雑誌, Vol. 21, No. 2, S59.
■骨再構築シミュレーションによる海綿骨の形態変化を考慮した力学的特性評価田原大輔, 柴田竜也,堀川武,安達泰治(2011), 日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 10-74, pp. 93-94.
■患者別CT-有限要素解析による投薬中骨粗鬆症椎体の力学的評価田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 富田勝郎(2010), 第37回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, pp. 145.
■再構築による骨梁形態変化を考慮した骨梁骨の力学的特性評価田原大輔, 安達泰治(2010), 第37回日本臨床バイオメカニクス学会講演論文集, pp. 146.
■疲労過程中の応力繰り返し毎の温度変化測定と疲労強度の研究(一定応力および変動応力振幅の影響)富田泰宏,堀川武,辻上哲也,田原大輔(2010), 日本材料学会第30回疲労シンポジウム.
■細胞外基質の変形に伴う移動性細胞の移動方向変化田原大輔, 安達泰治(2008), 日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 07-49, pp. 339-340.
■高分解能力学解析による骨粗鬆症脊椎の骨折リスクの評価田原大輔, 安達泰治, 高野直樹, 中野貴由(2007), 第34回臨床バイオメカニクス学会講演論文集, pp. 215.
■ビスフォスフォネート3年内服による骨粗鬆症性脊椎の骨強度改善 ―有限要素解析による検討―村上英樹, 川原範夫, 桜井佑輔, 坂本二郎, 田原大輔, 尾田十八, 富田勝郎(2007), 第9回日本骨粗鬆症学会, Osteoporosis Japan, Vol. 15, Suppl. 1, pp. 146.
■骨粗鬆性脊椎骨折に対する骨切り矯正術に関する有限要素法を用いた力学的解析羽藤泰三,川原範夫,村上英樹,赤丸智之,田原大輔,坂本二郎,尾田十八,富田勝郎(2007), The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 第81号, 第9巻, pp. 730.
■ヒト椎体海綿骨の高分解能イメージベース応力解析田原大輔, 安達泰治, 中野貴由, 高野直樹, 馬越佑吉, 石本卓也, 宮部さやか, 平下光, 小林章郎, 岩城啓好, 高岡邦夫(2007), 第27回日本骨形態計測学会雑誌, pp. S96.
■ヒト椎体海綿骨の高精度・高分解能力学解析田原大輔, 安達泰治, 高野直樹, 中野貴由, 馬越佑吉, 小林章郎, 岩城啓好, 高岡邦夫(2007), 第56回理論応用力学講演会講演論文集, pp. 187-188.
■骨粗鬆症治療効果の脊椎圧迫骨折解析による検討桜井佑輔, 田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2007), 日本機械学会北陸信越学生会第36回学生員卒業研究発表講演会論文集.
■マイクロパターン基板上におけるアクチン細胞骨格構造の変化田原大輔, 安達泰治, 北條正樹(2007), 日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 06-65, pp. 118-119.
■胸腰部筋骨格モデルを用いた腰椎負荷の計算田原大輔, 坂本二郎, 中田泰, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2006), ジョイント・シンポジウム2006(スポーツ工学シンポジウム,シンポジウム: ヒューマン・ダイナミクス), 日本機械学会講演論文集, No. 06-35, pp. 257-262.
■骨粗鬆症治療効果の脊椎圧迫骨折解析による検討桜井佑輔, 田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2006), ジョイント・シンポジウム2006(スポーツ工学シンポジウム,シンポジウム: ヒューマン・ダイナミクス)日本機械学会講演論文集, No. 06-35, pp. 251-256.
■骨粗鬆症患者の椎体海綿骨の力学的解析(ソフトウェア開発とモルフォロジー分析)田原大輔, 安達泰治, 高野直樹, 中野貴由, 馬越佑吉, 河貝光寛, 平下光, 小林章郎, 岩城啓好, 高岡邦夫(2006), 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No. 06-9, pp. 515-516.
■骨粗鬆症患者の椎体海綿骨の力学的解析(均質化解析)榎元孝俊, 河貝光寛, 田原大輔, 高野直樹, 中野貴由, 馬越佑吉, 安達泰治, 小林章郎, 岩城啓好, 高岡邦夫(2006), 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No. 06-9, pp. 517-518.
■ビスホスホネートが骨粗鬆性脊椎の骨強度に及ぼす効果村上英樹, 川原範夫, 桜井佑輔, 坂本二郎, 田原大輔, 富田勝郎(2006), 第8回日本骨粗鬆症学会プログラム抄録号, Osteoporosis Japan, Vol. 14, Suppl. 1, pp. 185.
■海綿骨の高分解能イメージベース統合分析ソフトの開発河貝光寛, 高野直樹, 安達泰治, 中野貴由, 田原大輔(2006), 日本機械学会2006年度年次大会講演論文集, No. 06-1, Vol. 5, pp. 93-94.
■脊椎における骨粗鬆症治療効果の生体力学的検討桜井佑輔, 坂本二郎, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2006), 日本機械学会北陸信越学生会第35回学生員卒業研究発表講演会論文集, pp. 207-208.
■骨粗鬆症脊椎の衝撃解析における荷重条件の影響田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2006), 日本機械学会第18回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 05-66, pp. 231-232.
■骨粗鬆症脊椎の患者別計算力学解析とその有効性の検討田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集, No. 05-2, pp. 223-224.
■骨粗鬆性脊椎に対するビスフォスフォネートと活性型ビタミンD3併用療法の力学的効果村上英樹, 川原範夫, 坂本二郎, 田原大輔, 粟森世里奈, 富田勝郎, 尾田十八(2005), 第7回日本骨粗鬆症学会プログラム抄録号, Osteoporosis Japan, Vol. 13, Suppl. 1, pp. 152.
■骨患者別モデルを用いた骨粗鬆症脊椎の骨折解析田原大輔, 坂本二郎, 関本敦史, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 日本機械学会2005年度年次大会講演論文集, No. 05-1, Vol. 5, pp. 151-152.
■骨粗鬆症治療が脊椎の強度に及ぼす効果の検討田原大輔, 関本敦史, 坂本二郎, 粟森世里奈, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 日本機械学会第17回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 04-48, pp. 375-376.
■骨格系における腰椎周囲の筋力および椎間モーメントの最適化による決定坂本二郎, 木村繁治, 田原大輔, 尾田十八(2004), 日本機械学会第6回最適化シンポジウム講演会講演論文集, No. 04-46, pp. 121-126.
■患者別モデルを用いた骨粗鬆症脊椎の動的応力解析田原大輔, 坂本二郎, 粟森世里奈, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2004), 日本機械学会第17回計算力学講演会講演論文集, No. 04-40, pp. 59-60.
■脊椎筋骨格モデルを用いた腰椎負荷条件の推定田原大輔, 木村繁治, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎2004), 日本機械学会第15回バイオフロンティア講演会講演論文集, No. 04-39, pp. 79-80.
■大腿骨頭部の非均質性を考慮した表面置換型人工骨頭の有限要素解析大村嘉, 田原大輔, 坂本二郎, 高田秀夫, 加畑多文, 尾田十八, 富田勝郎(2004), 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集, No. 04-1, Vol. 6, pp. 173-174.
■ベーシスベクトル法による生体骨モデルの形状変換大村嘉, 坂本二郎, 田原大輔, 尾田十八(2003), 日本機械学会2003年度年次大会講演論文集, No. 03-1, Vol. 7, pp. 9-10.
■骨の非均質性を考慮したイメージベースト有限要素法による応力強度比の評価田原大輔, 坂本二郎, 尾田十八(2003), 日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, No. 02-35, pp. 77-78.
■生体骨の非均質性を考慮した大規模有限要素法解析田原大輔, 坂本二郎, 尾田十八(2002), 日本機械学会2002年度年次大会講演論文集, No. 02-1, Vol. 1, pp. 147-148.
■連続的な骨密度分布を考慮した生体骨の有限要素解析について田原大輔, 坂本二郎, 尾田十八, 松本忠美(2001), 日本機械学会2001年度年次大会講演論文集, No. 01-1, Vol. 6, pp. 167-168.


学術講演(シンポジウム,セミナー,フォーラム,研究会等)
■T1-S2多椎体固定術のFEM解析原朋広, 田原大輔, 藤井衛之,村上英樹(2017), 第8回MECHANICAL FINDERユーザー研究会.
■有限要素法の基礎, 脊椎固定術におけるスクリューの緩み評価田原大輔(2017), 第2回「MFを利用するために知っておきたい有限要素法の基礎と応用」.
■骨強度解析ソフトウェアの医療への応用(1)田原大輔(2016(12月)), 日本機械学会講習会 有限要素法による骨のバイオメカニクス解析入門 〜理論から応用まで〜
■有限要素法の基礎, 脊椎固定術におけるスクリューの緩み評価田原大輔(2016), 第1回「MFを利用するために知っておきたい有限要素法の基礎と応用」.
■7椎体モデルによる骨粗鬆症脊椎固定術のFEM解析田原大輔, 両角友里,藤井衛之,村上英樹(2016), 第7回MECHANICAL FINDERユーザー研究会.
■バイオメカニクス分野におけるマルチスケールシミュレーション田原大輔(2016), (社)日本計算工学会『不確かさのモデリング・シミュレーション法に関する研究会』 第5回会合.
■最近気になる「力覚」あれこれ -細胞,骨組織,食品!?田原大輔(2016), 第4回金沢バイオエンジニアリング・コンポジット研究会.
■骨強度解析ソフトウェアの医療への応用(1)田原大輔(2016(1月)), 日本機械学会講習会 有限要素法による骨のバイオメカニクス解析入門 〜理論から応用まで〜
■骨盤底疾患のメカニズム解明を目指したMRI画像からの骨・脂肪のモデリング田原大輔, 西木友浩(2015), 第6回MECHANICAL FINDERユーザー研究会.
■マルチスケールバイオメカニクスから理解する生体組織の力学的適応性田原大輔(2015), 第3回金沢バイオエンジニアリング・コンポジット研究会.
■医療用模擬骨材料のドリリング特性評価山本悠文, 田原大輔, 辻上哲也, 岡野仁夫(2015), 革新的材料・プロセス研究センター2014年度シンポジウム.
■骨嚢胞の成長メカニズムの解明に向けた骨リモデリングシミュレーション小北拓侑, 川嶋輝,田原大輔,辻上哲也,池裕之,稲葉裕(2015), 革新的材料・プロセス研究センター2014年度シンポジウム.
■骨質評価のための海綿骨の力学的再構築シミュレーション手法の開発田原大輔(2015), 革新的材料・プロセス研究センター2014年度シンポジウム.
■骨強度解析ソフトウェアの医療への応用(1)田原大輔(2015), 日本機械学会講習会 有限要素法による骨のバイオメカニクス解析入門 〜理論から応用まで〜.
■変形性股関節症の骨囊胞周囲の応力解析田原大輔, 小北拓侑, 辻上哲也, 池裕之,稲葉裕(2014), 第5回MECHANICAL FINDERユーザー研究会.
■骨-スクリュー境界の緩み抑制を目指した医療デバイスのメカニカルデザイン野呂健太,山本悠文, 吉岡慎太郎, 田原大輔(2014), 革新的材料・プロセス研究センター2013年度シンポジウム.
■生体アパタイト結晶配向性と骨梁形態変化が海綿骨の力学的特性に与える影響名倉健,小北拓侑,川嶋輝,田原大輔(2014), 革新的材料・プロセス研究センター2013年度シンポジウム.
■マルチスケール計算バイオメカニクスによる骨質評価手法の開発田原大輔,名倉健,川辺直哉,小北拓侑(2014), 革新的材料・プロセス研究センター2013年度シンポジウム.
■骨強度解析ソフトウェアの医療への応用(1)田原大輔(2014), 日本機械学会講習会 有限要素法による骨のバイオメカニクス解析入門 〜理論から応用まで〜.
■整形外科手術シミュレータ用新規模擬骨材料のオーダーメイド設計・製造手法の開発研究田原大輔, 辻上哲也, 岡野仁夫, 田中陽一郎, 福田雅之(2014), 龍谷大学第25回新春技術講演会.
■幹細胞分化制御を指向した機能性セルロース細胞外マトリックスの開発富崎欣也, 田原大輔, 石田智裕, 平田一貴(2014), 龍谷大学第25回新春技術講演会.
■骨質評価のためのマルチスケール計算バイオメカニクス田原大輔, 名倉健, 川辺直哉, 小北拓侑(2014), 龍谷大学第25回新春技術講演会.
■非線形骨折解析による脊椎後方固定術の力学解析析野呂健太, 田原大輔,辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2013), 第4回MECHANICAL FINDERユーザー研究会.
■整形外科手術トレーニング用新規模擬骨材料の力学的特性評価田原大輔, 辻上哲也, 馬場健之, 梅村雄大, 岡野仁夫(2013), 龍谷大学第24回新春技術講演会.
■脊椎固定術における複数椎体と固定ロッドのモデリングと応力解析田原大輔, 野呂健太, 辻上哲也, 岡本義之, 村上英樹(2012), 第3回Mechanical Finderユーザー研究会.
■非線形な材料力学的特性挙動を考慮した骨の個体別骨折解析手法の開発研究田原大輔, 堀川武(2012), 龍谷大学第23回新春技術講演会.
■イメージベース力学解析による骨粗鬆症の骨折リスク評価手法の開発田原大輔(2011), 2011くに荘コロキウム: 人間存在の諸問題を考えるプログラム.
■医療診断・治療,医用デバイス開発へのイメージベース力学解析技術の応用田原大輔(2011), 滋賀県産学官シーズ・ニーズプラザ2010.
■骨リモデリングによる骨梁形態変化に伴う海綿骨の力学的特性変化田原大輔, 安達泰治(2011), 理研シンポジウム VCADシステム研究2010, pp. 260-263.
■アクチン細胞骨格の構造変化とアクチン重合観察の挑戦田原大輔(2011), 第3回バイオメカニクスセミナー.
■骨リモデリングによる骨梁形態変化を考慮した骨の力学的特性評価手法の開発田原大輔, 柴田竜也(2011), 龍谷大学第22回新春技術講演会.
■マイクロパターニング基板を用いた細胞接着環境変化に対する骨系細胞の骨格構造変化田原大輔, 岡田敏裕(2010), 第21回龍谷大学新春技術講演会
■非均質な材料特性を考慮した生体骨の患者別イメージベース力学解析田原大輔, 坂本二郎, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2008), 日本材料学会 JCOM-37講演論文集 -材料・構造の複合化と機能化に関するシンポジウム-, pp. 14-18.
■整形外科診断・治療への患者別イメージベース力学解析技術の応用田原大輔(2009), 京都産学公連携フォーラム2009.
■焦点接着斑分布の制御と細胞外基質の変形に伴う移動性細胞ケラトサイトの移動方向変化田原大輔(2008), 豊田理化学研究所特定課題研究「細胞の力学応答機構」第3回セミナー
■細胞外基質の変形による細胞運動の移動方向変化の観察田原大輔(2008), 理研シンポジウム VCADシステム研究2008, pp. 160-163.
■イメージベース力学解析による脊椎における骨粗鬆症治療効果の検討坂本二郎, 桜井佑輔, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2007), 電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像, Vol.107, No.326 pp.31-36.
■細胞運動のマルチスケールダイナミクス田原大輔, 須長純子, 安達泰治(2007), 理研シンポジウム VCADシステム研究2007, pp. 225
■Development of patient-specific finite element analysis of bone based on medical images and its clinical application (医療画像に基づく生体骨の患者別力学解析法の開発とその応用)田原大輔(2006), 21世紀COEプログラム「動的機能機械システムの数理モデルと設計論」 材料グループ特別講演会.
■患者別モデルを用いた骨粗鬆症脊椎の骨折解析田原大輔, 坂本二郎, 関本敦史, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 第25回SMD研究会.
■患者別モデルを用いた骨粗鬆症脊椎の骨折解析田原大輔, 坂本二郎, 関本敦史, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 第25回SMD研究会
■患者別脊椎強度解析による骨粗鬆症治療効果の検討坂本二郎, 田原大輔, 村上英樹, 川原範夫, 尾田十八, 富田勝郎(2005), 第107回バイオメカニクス研究会.


その他
■骨のリモデリングによる機能的適応のバイオシミュレーション(演習)田原大輔(2015), 平成27年度大阪大学臨床医工学・情報学スキルアップ講座 バイオシミュレーション.
■骨のリモデリングによる機能的適応のバイオシミュレーション(演習)田原大輔(2014), 平成26年度大阪大学臨床医工学・情報学スキルアップ講座 バイオシミュレーション.
■骨のリモデリングによる機能的適応のバイオシミュレーション(演習)田原大輔(2013), 平成25年度大阪大学臨床医工学・情報学スキルアップ講座 バイオシミュレーション.
■バイオメカニクス(生体力学)が医工学を拓く ‐骨のかたちと機能の理解‐田原大輔(2013), 平成25年度滋賀県立水口高等学校模擬講義.
■骨のリモデリングによる機能的適応のバイオシミュレーション(演習)田原大輔(2012), 平成24年度大阪大学臨床医工学・情報学スキルアップ講座 バイオシミュレーション.
■機械工学におけるバイオメカニクスとバイオニックデザイン田原大輔(2012), 平成24年度滋賀県立3工業高校模擬講義.
■「工学」から「医工学」を意識する田原大輔(2011), 生体医工学, リレー随筆, 第19巻, 第3号, pp. 522-523.
■バイオメカニクス研究とバイオニックデザイン田原大輔(2009), 龍谷大学理工学ジャーナル, 第21巻, 第2号, pp. 23-32.


新聞報道
■骨粗しょう症骨折リスク評価法開発日経産業新聞 2012年6月14日付.
■骨粗しょう症診断システム開発北國新聞,富山新聞,日刊工業新聞 2005年2月3日付.


研究助成(競争資金獲得状況)
■日本ビジュアルサイエンス株式会社(受託研究) [代表]課題名: 多角的偏光イメージング装置の実用化のための材料試験と計算解析
■デンソー株式会社(受託研究) [代表]課題名: 指骨の骨折モデルシミュレーションに関する研究
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2017年度-2019年度)課題名: 経年的CTデータ分析に基づく顎骨リモデリングFEAの開発
■リプロダクツ株式会社(受託研究) [代表] (2016年度-2017年度)課題名: モップ取り付け部品の形状最適化
■日本学術振興会 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究 [分担] (2016年度-2017年度課題名: 口腔インプラント手術の技術伝承を目的とした力覚体感型シミュレータの開発
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2016年度-2018年度)課題名: リアルタイム個別筋活動評価による変形性股関節症の病態把握と治療評価
■公益財団法人JKA 機械工業振興補助事業(研究補助) [代表] (2016年度)課題名: 走行中の自転車部品のひずみ測定と疲労寿命予測
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [代表] (2016年度-2018年度)課題名: 力学的検証に基づく脊椎固定術用スクリューの緩み抑制を狙った固定ロッドの開発
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2015年度-2017年度)課題名: PVA由来外科手術トレーニング用臓器モデル材料の個別設計・製造方法の確立
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2015年度-2017年度)課題名: 不安定性を有する骨粗鬆性脊椎の力学解析 -最適な強度を有する固定材料の模索-
■龍谷大学科学技術共同研究センター2015年度研究プロジェクト [代表] (2015年度)課題名: 脊椎固定術用スクリューの緩み・脱転抑制を狙ったflexible固定ロッドの開発
■龍谷大学科学技術共同研究センター2014年度研究プロジェクト [代表] (2014年度)課題名: 脊椎固定術用スクリューの緩み・脱転抑制を狙ったflexible固定ロッドの開発
■龍谷大学科学技術共同研究センター2013年度研究プロジェクト [代表] (2013年度)課題名: 個体別の骨の形状と機械的特性を反映した整形外科手術シミュレータ用新規模擬骨材料のオーダーメイド設計・製造手法の開発研究
■龍谷大学科学技術共同研究センター2013年度研究プロジェクト [分担] (2013年度)課題名: 幹細胞分化制御を指向した機能性セルロース細胞外マトリックスの開発
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2013年度-2015年度)課題名: 骨密度と筋力を考慮した有限要素法解析による変形性股関節症の進行予測と術後評価
■文部科学省 私立大学等研究設備等整備費等補助金 [申請代表] (2012年度)事業等名(特別設備): 高機能先端機械材料創成のための微視的構造評価システム 
■日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B) [代表] (2012年度-2014年度)課題名: リモデリングによる海綿骨の骨質変化を考慮した骨折リスク評価へのアプローチ (課題番号: 24760091)
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B) [分担] (2012年度-2015年度)課題名: 確率的マルチスケール法の理論体系化と応用探索ならびに実用的システム開発 (課題番号: 24360047)
■日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) [分担] (2012年度-2014年度)課題名: 新規日本人模擬骨シミュレータのオーダーメイド設計・製造プロセスの研究開発 (課題番号: 24560116)
■龍谷大学科学技術共同研究センター2012年度研究プロジェクト [代表] (2012年度)課題名: 個体別の骨の形状と機械的特性を反映した整形外科手術シミュレータ用新規模擬骨材料のオーダーメイド設計・製造手法の開発研究
■龍谷大学科学技術共同研究センター2011年度研究プロジェクト [代表] (2011年度)課題名: 非線形な材料力学的特性挙動を考慮した骨の個体別骨折解析手法の開発研究
■独立行政法人科学技術振興機構(JST), 研究成果最適展開支援事業フィージビリティスタディ 【FS】ステージ 探索タイプ(A-STEP) [代表] (2010年度)課題名: 患者別力学解析に基づく骨粗鬆症の骨折リスク評価手法の開発
■NEDOイノベーション推進事業 産業技術実用化開発費補助事業 [分担] (2010-2011年度)課題名: 先進複合材料を用いた非金属人工股関節の前臨床評価
■龍谷大学理工学学術研究助成基金 [代表] (2009年度)課題名: マイクロパターニングによる細胞接着環境変化に対する骨系細胞の骨格構造変化
■日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B) [代表] (2009年度-2010年度)課題名: 力学環境変化に対する骨系細胞の構造形成ダイナミクス (課題番号: 21760091)

以前の所属メンバーはこちら