受験生の皆様へ

学科紹介

幅広い分野の科学技術を総合して機械を構成する動力・伝達・作用のメカニズムを学び、新たな機械システムを構築できる人を育成します。

機械システム工学実験 小型エンジンの 分解・
機械システム工学実験 小型エンジンの
分解・組立実習の様子
自動化から知能化へ、複雑かつ微妙な動作も可能となった"機械"。携帯電話、自動車、ロケット、ロボット・・・。私たちの身の回りにある機械は、さまざまな科学技術の成果を集約して開発されています。例えば、自動車において、エンジンには力学・エネルギー変換工学、伝熱には機械工学・機構学、設計には流体力学、安全性や機構には材料力学・機械材料学、コンピュータ制御を伴う機械の設計には回路・制御などの理論や技術が生かされています。

機械システム工学科では、数学や物理、コンピュータなどの基礎知識はもちろん、力学や熱・流体、メカトロ・制御、材料・加工、機械設計、システムなどの専門分野をバランスよく学ぶことで、原理や理論をしっかりと身に付け、実験や実習を重視したカリキュラムによって、幅広い知識・技術を習得し、それを実際に応用できる能力を身に付けた人材の育成を目指しています。

ページトップへ

学びの特色

ものづくりの原点・本質を見極め、最新領域にアプローチします

CAD設計・加工などの講義・実習ではモノづくりの原点・本質を体験・理解し、それらを実験・実習・演習で再認識することで応用力も習得。さらに実社会でも役立つ知識・技術の習得など、総合的な応用力を身につけた上で、最新領域にもアプローチします。

多彩な分野にわたって、系統的かつ総合的にバランスよく学習します

最先端の機械にはさまざまな学問知識・技術が集約されています。本学科では、それら広範囲の知識の習得と応用力の育成を目的とし、多様な科学分野の成果を総合した新しい機械技術を創造していく人材の養成を目指しています。

次世代を担う先進的な研究開発を3系列の分野で展開します

本学科では、力学系分野、エネルギー系分野、システム系分野の3つの分野に分かれ、先進的な研究開発を行っています。

機械を構成するメカニズム

  • 力学
  • 機械力学
  • 機構学
  • 材料力学
  • 熱工学
  • 流体工学
  • 回路・制御
  • 材料・加工学
  • 原理・理論
    基礎を固める
  • Theory
  • Practice
  • 実践・実習
    応用力を磨く

総合的な実践力

総合的な実践力とは

3つの専門分野

力学系分野
安全で信頼性が高く経済的な機械システムの構築において中心的な役割を果たす技術者、研究者の養成
  • 機械力学
  • 材料強度
エネルギー系分野
流体力学、熱工学を基礎に、それらを総合化した熱流体工学、エネルギー変換工学を構築し、効率的で地球環境にやさしいエネルギー技術開発が行える技術者、研究者の養成
  • 流体
  • エネルギーー
システム系分野
機能材料とマイクロエレクトロニクス。センシング技術の発達により作りだされる新しい機械システム、人工知能の応用による人間にやさしいシステム作りに役立つ技術者、研究者の養成
  • 材料物性
  • メカトロニクス
  • 知能システム
  • 物理・計測

ページトップへ

カリキュラム

1回生 2回生 3回生 4回生
1年生 2年生 3年生 4年生
1セメスター 2セメスター 3セメスター 4セメスター 5セメスター 6セメスター 7セメスター 8セメスター
               
基礎・固有科目 特別研究
           
機械システム
工学入門
      学外実習 機械システム
工学総合演習
               
      物理実験 機械システム工学実験T・U    
               
  機械製図T 機械製図U   要素設計 設計製図    
               
計算機基礎
実習T
  計算機実習T 計算機実習U 計算機
応用実習
セミナー 科学技術英語  
               
力学
機械工学の基礎である「機構学」「材料力学」「機械力学」などを学び、機械、構造物の設計のための基礎を身に付けます。また、新しい機械を創造するための豊かな発想力が養われます。
熱・流体・エネルギー
「熱力学」「熱工学」「流体工学」などの熱・流体工学における基礎を学び、エネルギー問題解決のための素養、地球環境の保全にも貢献できる観点を身につけます。
メカトロニクス・制御
「制御工学」「電子制御」「ロボット工学」「メカトロニクス」など、古典制御から現在制御に至る理論体系を学び、工場のFA化、人にやさしいロボットの開発に関する基礎を身に付けます。
材料物性・加工
「機械材料学」「物性工学」「材料強度学」「機械加工学」を学ぶことにより、機械、構造物の強度設計に関する基礎を身に付けます。確かで信頼性のある機会・装置の設計・開発を可能にします。
機械設計とCAD
「機械製図」「要素設計」「設計製図」があり、一人1台のドラフターとCADを使い、機械技術者として必要な機械設計に関する基礎と応用を、演習を通して3年間でマスターしていきます。

ページトップへ

卒業後の進路・就職先

  • 東海旅客鉄道株式会社
  • 東洋ゴム工業株式会社
  • 東レエンジニアリング株式会社
  • 西日本旅客鉄道株式会社
  • 富士重工業株式会社
  • 本田技研工業株式会社
  • 三菱樹脂株式会社
  • TOWA株式会社
  • 龍谷大学大学院
  • アイシン精機株式会社
  • スズキ株式会社
  • ダイハツディーゼル株式会社
  • ダイハツ工業株式会社
  • ヤンマー株式会社
  • パナソニック半導体ディスクリートデバイス株式会社
  • フジテック株式会社
  • 株式会社カワサキマシンシステムズ
  • 株式会社ダイフク
  • 株式会社日本製紙グループ

ページトップへ

2015年度卒業研究テーマ

力学系

  • 翼・ディスク系のミスチューニング現象に関する研究(金子研)
  • 蒸気タービン調速段動翼の振動応答特性に関する研究(金子研)
  • 三次元画像相関法を用いた曲げ・圧縮試験による織物複合材料の機械的特性評価(辻上研)
  • コンプロシートを応用した構造物の異常検知に関する基礎的研究(辻上研)
  • Dynamic型脊髄固定術の緩み抑制特性の実験的評価(田原研)
  • 口腔インプラント手術シミュレーター開発のためのドリル埋入角度を考慮した下顎骨のドリリング荷重解析(田原研)

システム系 −メカトロニクス分野−

  • 強化学習に基づく4脚走行ロボットのトロット歩容獲得と動作改善に関する研究(堤研)
  • 18自由度6脚ロボットに関する研究‐脚先の動的変化による安定性向上の検討‐(堤研)
  • バイオリン演奏ロボットの移弦動作に関する研究(渋谷研)
  • 物質の相変化における体積変化を利用した小型浮力調整装置の開発(渋谷研)
  • カメラ搭載型円筒状柔軟弾性クローラの開発(永瀬研)
  • バルーン型腱駆動アクチュエータを用いた手指リハビリテーション装置によるミラーリング動作(永瀬研)

システム系 −材料・加工分野−

  • NC工作機を用いた木製彫刻物の復元(河嶋研)
  • 破損した遺物の非接触による復元(河嶋研)
  • 高硬度金型鋼材の極小型エンドミル加工について(小川研)
  • 機上レーザ焼入れシステムを用いた極小刃物の高精度化(小川研)

システム系 −物理計測分野−

  • 磁場中示差熱量測定によるNi2MnGa系合金の磁気熱量効果の研究(左近研)
  • 広い温度領域でのパルス磁場磁化測定装置の開発(左近研)
  • 鋳鉄球状黒鉛中におけるマグネシウムの存在と形態(前田研)

エネルギー系

  • 鳥型羽ばたき機の羽根周りの可視化計測(塩見研)
  • 数値シミュレーションによるLED照明における排熱用フィンの設計(塩見研)
  • 超音速領域におけるインフレータブル構造を有したバルートの空力特性に関する研究(大津研)
  • 長時間飛行可能な太陽光飛行機の設計に関する研究(大津研)
  • 「ソーラーカーレース鈴鹿」出場車両用ソーラーカーの設計(野口研)
  • 同心二重円筒装置における伝播火炎に関する研究(野口研)

ページトップへ