教員紹介

大塩 裕哉 おおしお ゆうや

博士(工学) 総研大 助教

専門分野 航空宇宙工学、プラズマ工学
研究課題/長期 宇宙用先端プラズマ推進機の高性能化と実用化
研究課題/短期 小型無電極推進機の高性能化、プラズマ推進用電子源の原理解明

大塩 裕哉

研究テーマ
プラズマを利用した宇宙用推進機の研究

宇宙工学におけるロケットエンジンや推進機というと、宇宙に打ち上げるためのロケットが先に思いつくと思いますが、宇宙に行った後にも軌道維持・遷移や姿勢制御のために「エンジン」が必要となります。近年話題になっている小惑星探査機はやぶさではイオンエンジンと呼ばれるプラズマを利用したエンジンが利用されています。

このようなプラズマを利用したエンジンは既存の化学反応を利用したエンジンに比べ高い燃費性能が得られます。宇宙では燃料の補給ができませんので、より重いものをより遠方に運ぶためには、燃費のよいエンジンが必要であり、プラズマを利用した推進機である電気推進機の需要が高まっています。私たちの研究室では、より長寿命化や大推力化、小型化などの将来の要求に答えるべく、先端的な電気推進機の研究を行っていきます。

 
プラズマロケット
       プラズマロケット